借入金の可能額を増やす

カードローンを利用している人でさらにお金が必要になったら、他の会社と新たに契約するより現在契約している会社で借入金の可能額を拡大してもらう方がお得です。複数のカードローンを契約するとその分金利を支払うことになるので、同じ借入金でも一つの会社を利用した時と比べて完済までにかかるお金が多くなります。借入可能額を増やすには、増額審査に通らなければなりません。

クレジットカードは使い方によって自動的に増額されますが、カードローンは自分で申し込まないと金額は変化しません。増額審査で見られているポイントは、収入です。総量規制によって消費者金融では年収の3分の1を超えてお金を貸すことができません。転職したなどで収入が増えれば、年収の3分の1にあたる金額が変わるので借入金を増やすことができます。またカードローンの利用状況も審査内容に加わっています。カードローンを契約中に返済期限を遅れてしまったなど、ルーズな印象を与えると審査で落とされる可能性が高いです。可能額を低めに設定しても返済が滞る人に、より多くのお金を貸すことはできません。申し込む時に延滞したことを隠しても、金融機関が共有している信用情報に載っているのですぐに分かります。

他の会社ともカードローンを契約している場合は、それらも全て返済を延滞していないか調べられます。お金を貸すことは信頼関係の上に成り立つものなので、絶対に返済してくれるという安心感を強く与えることができれば増額審査に通ります。増額を申し込むタイミングは契約後1年以上が経過してからがおすすめです。1年以上も返済を滞らず行って良好な信頼関係を築けているならば、増額しても問題ないと判断してもらえます。消費者金融によっては利用状況が優秀な利用者に対して可能額の拡張を勧めることもあります。最初は可能額は低めに設定しているので、少しずつ借入できるお金を増やすとさらにお金を自由に使えます。