借入残高とは?キャッシングの注意点

借入残高という言葉を正確に理解している人は、意外と少ないようです。借入残高とは、その時点で借りている借金の金額のことを言います。キャッシングでは、限度額が50万円に設定されていて、そのうち20万円を借りているような場合に、枠が30万円余っていますが、この余っている金額のことは利用可能残高と言います。利用可能残高と借入残高は、どちらも残高という言葉がついており、混同してしまっている人も多いので、注意をしておきましょう。

このケースなら、借入残高は20万円、利用可能残高は30万円になります。「クレジットカードのショッピング枠も借入残高に含まれるのか?」という疑問を持っている人もいますが、ショッピング枠は借入とは見なされませんので、含まれません。リボ払いや分割払いにしていると借金とほぼ同じ扱いがされますが、ショッピング枠はやはり借入とはみなされないようです。しかし、リボ払いや分割払いにしているとローン審査には影響しますので、注意をしておきましょう。キャッシングにおいては、借入残高によって毎月の返済額が変わってくることがあります。

例えば、それまでは45万円を借りていて、毎月の返済額が1万円ですんでいたが、追加で8万円を借りたために、借入残高が50万円を超えてしまい、毎月の返済額が1万5千円に増加してしまうということもあります。そのような時に、返済用の口座に1万円しか用意していないと、延滞をしてしまうことになります。借入残高は返済プランを立てる上でも重要です。残りの借金がいくらあるのかということを確認した後で、返済シミュレーションをしてみましょう。例えば、50万円が残っている場合で、シミュレーションの結果、このまま返済していったら利息が40万円かかってしまうという結果になったら、なんとかして完済を早める努力をしようという気持ちになるでしょう。ボーナスで一括で返済してしまおうと考えていたが、思っていたよりもボーナスが少なかったというような予定外のことが起きた時にも、シミュレーションをして返済プランを立てなおすことが重要になります。