借入審査に通らない時に見直したいポイント

借入審査に何度も落ちてしまう人は、金融機関の独自の基準に引っかかっている可能性が高いです。金融機関によって審査基準は異なりますが、だいたい落とされてしまう理由としては次のようなことが挙げられます。年収の3分の1以上を借入している場合、審査の通過が難しくなります。銀行系であれば総量規制の対象外にはなりますが、だからといってむやみに借りても大丈夫という訳ではありません。(借入について詳しく書いてあるトコ

また、4社以上から借入している場合も落ちやすくなります。他には、1ヶ月の間に何社も申し込んでいると不利になります。3社以上だとブラック認定されて、どこの審査も通りにくくなるので気をつけましょう。もし一度審査に落ちてしまったら、しばらく時間を空けてから申し込みを考えたほうがいいでしょう。また、申し込み時の利用限度額を高く設定してしまうと、通りにくくなります。収入に見合った金額ではないと、金融機関が「この人には返済能力がないのでは?」と疑ってきます。収入に見合った金額を設定するようにしましょう。

就職や転職してすぐの人も、勤続年数が短いということで借入が難しいです。勤続年数によって年収を割り出す必要があるので、最低でも1年は同じ職場に勤務している必要があります。勤続年数はバレないと思って嘘の申告をしてしまっても、もし嘘が発覚すれば即審査落ちになります。ブラックリストに載っている人もは、高い確率で落ちます。過去3ヶ月以内に支払いの遅延や滞納があるような人です。この場合はリストから記録がなくなるまでは借入は難しいと考えておいたほうがいいでしょう。一度審査に落ちてしまっても、他にもカードローン会社はあります。まずは落ちやすくなると言われている明らかな原因がないかどうか見直してみましょう。安定した収入があれば申し込み可能なところはたくさんあるので、何度か挑戦してみましょう。もちろん、返済可能な金額を借りることを意識しておきましょう。